• HOME
  • 料金・アクセス
  • 交通事故施術・交通事故リハビリ
  • 患者様の声

当院は府中にお住いの皆様に寄り添う整骨院です。

コロナ対策

ゴルフ肘

こんなことでお悩みではありませんか?

  • スイングすると肘の内側が痛む
  • 腕の曲げ伸ばしで肘が痛む
  • 痛みがあるけどゴルフを続けたい
  • 内側だけでなく、外側も痛みが出てきた

ひまわり整骨院はり灸院でのゴルフ肘の施術

一般的に発症する原因は使い過ぎによるもののため、まずは炎症・疼痛・圧痛を抑えるために「高電圧電気刺激施術(ハイボルテージ)」を使うことで痛みに対しての疼痛効果、血流改善を促します。

 

これらの電気療法は、体の深部の筋肉や神経にアプローチするために効果的な電気施術で多くのプロスポーツ選手も愛用しています。

 

炎症が収まってきてからは、手から肘にかけての筋肉の緊張を取るために、土台となる骨盤・背骨矯正に特化した根本施術で行い、全体的な筋肉のバランスを整えます。

また仕事などで負荷のかかる方、早めに現場復帰をご希望の方は鍼施術を行い、体幹や痛みの局所に血流改善はかっていきます。

ひまわり整骨院はり灸院でのゴルフ肘の施術料金

炎症・疼痛・圧痛を抑える施術

 

補助施術

  • 通常料金:2,800円~
  • 高校生以下:2,300円~

初回は初診料1,600円、2回目以降は別途保険料がかかります。

 

体の土台となる、骨盤・背骨の矯正に特化した施術

  • 根本施術:4,300円

初回は初診料2,000円、2回目以降は別途保険料がかかります。

 

負担の多い方・より早く治したい方

  • 鍼施術:5,400円

初回は初診料2,000円、2回目以降は別途保険料がかかります。

ゴルフ肘とは?

正式名称は上腕骨内側上顆炎といいます。

ゴルフ肘はゴルフ初心者や中級者にみられるスポーツ障害です。

 

上級者ではなかなか起こりにくく、また、中高年のゴルファーに多いのが特徴です。

 

ゴルフ肘はゴルフの独特なスイングで起こるスポーツ障害で、肘に過度の負荷がかかった状態で練習を続けていたりすると引き起こります。

 

肘の内側の骨の辺り(内側上顆)が痛くなってきて、放置してしまうと腕の曲げ伸ばしやひねり、手を握った際にも痛みが出てしまうので、日常生活に支障が出るので注意が必要です。

 

同じ肘のスポーツ障害で有名なのは『テニス肘』がありますが、ゴルフ肘は肘の内側に痛みがでるので別のスポーツ障害になります。

 

実はこのゴルフ肘はテニスのフォアハンドでも起こります。

その他には野球の球を投げる動作や、長時間のパソコン作業でタイピング時に痛みが出たり、料理をするときにフライパンや鍋を持つ動作でも引き起こします。

ゴルフ肘の原因

肘から肩にかけての骨を上腕骨といい、内側上顆というのは骨と筋肉のつなぎ目になる腱が付着する部分です。

 

この内側上顆には、手を掌の方へ曲げる時や、指を動かすときに働く筋肉がついています。

 

脇から肘が離れて腕だけでスイングしていたり、手打ちの状態、または肘から手首に掛けて固定しすぎているなど、肘に過度の負荷がかかった状態で続けていると疲労が溜まってしまい、腱の付着部が炎症を起こしてしまうのです。

 

また、中高年ゴルファーに多い理由として、腱の老化によって脆くなってしまっている点が上あげられます。

ゴルフ肘の時の過ごし方

肘の内側の目立った骨の辺りに圧痛がある場合はゴルフ肘の可能性が高くなります。

 

その場合は、第一に安静が必要です。そして運動した後はアイシングを行って湿布を貼って炎症を抑えましょう。

 

痛みを我慢したまま続けてしまうと、日常生活にも影響が出てきてしまうので無理は禁物です。

 

少し痛みが引いてきても、いつも通りにラウンドするのではなく、ストレッチを前後に必ず行うようにしましょう。

 

手を前に出した状態のままで、もう一方の手で前に出した手の指先を、甲側に引くストレッチがおすすめです。

ストレッチを習慣づけて、柔軟性を身につけましょう。

府中市ひまわり整骨院はり灸の施術の流れ

1.受付

問診票をお渡しします。
ご記入をお願いします。

2.カウンセリング

お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

3.検査

実際にお体の状態を検査していきます。

4.施術

状態や痛みに合わせて施術を行います。

5.施術方針の説明

現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

6.お大事に!

本日の施術は終了です。
お大事に!

対応症状一覧へ戻る

新着情報
交通事故ブログ