子育て奮闘日記

2016年2月 8日 月曜日

最近、ちょっと地震が怖いですね...。備えていますか?

皆さん、こんにちは!
ちょっと最近、地震が続いていて怖いですね...sad
九州では桜島が噴火し、台湾でも大地震...。
今までは兎も角...子供が産まれてからは、

「何かあったら、この子を最優先に守らねば!!」

という強い意識が生まれました。


防災グッツって、皆さんは何を持ってますか?
私は子供が産まれてから、かなり揃えました。

まず、日常的に使ってるのが..."懐中電灯"flair
うちの子は眠りが浅いので、夜中にぐずった時、小さい懐中電灯を口に咥えて、オムツを換えたりミルクをあげたりしています。

あとは、オムツやミルク、子供の消耗品はなるべく多めにストックするようにしています。
...大人は何とかなるけど、子供はそうもいきませんからねchick

食料品もそこそこストックしました。
チンするご飯や缶詰、カップラーメンに羊羹等のお菓子とか...。

お水もそこそこ備えましたが、きっと水道が止まった場合は...足りないだろうなぁ...っていう量ですね。(苦笑)
普段何気なく使ってますが、意外と水は消費率高いですよね?
なので、簡易トイレみたいなセットは買ってみました。(流さなくて固めるタイプです)

あとは衣類とかですが...それは何となくまとめたりしていますが...季節毎に用意するのは大変なので、そのままになっていたりします。(苦笑)
誰か、良い準備方法があったら教えて欲しいです...wobbly

本当...大人だけだったら、「何とかなるでしょ。」と思っていたと思いますが、子供が産まれたことによって、

「大人も元気でいないと、この子を守ってあげないといけないんだから!」

という気持ちが生まれました。
そういう意味では、子供が私たち大人を守ってくれている...んだと思いますheart


一人暮らしの人でも、もし一週間生きて行かないといけないとしたら...かなりの食料や水が必要になると思います。
普段、普通に生活してると、どれだけ消費してるかなんて感じないと思いますが...私も昔...ちょっと大きい地震を経験したので、地震の怖さは痛い程知っています。

備えあれば憂いなし

じゃないですが、もし杞憂になったとしてもいいと思うんですよね。
でも、もし...何も備えなくて、いざ...っていう時に、自分や周りの大切な人を守れない方が...どれだけ辛いだろう?と思うと、今やらないと!って思えてくると思います。

何も無ければ一番いいけれど、もし...大切な人のことを想ったなら、ちょっといつもより蓄えておいた方がいいかもしれませんね。


投稿者 ひまわり整骨院はり灸院

電話番号
お問い合わせフォーム
ひまわり整骨院 はり灸院 電話番号 各種保険・交通事故・労災取扱 スマホの方はタップで電話がかけられます
Access Map
ひまわり整骨院・はり灸院をお気に入りに追加

大きい地図を見る住所〒183-0053 東京都府中市天神町3-12-6 第一堀江マンション1F受付時間平日
9:00~12:00/14:30~19:00
土曜
9:00~12:00/15:00~18:00
※初回の事故患者様で平日に限り、前日までの予約で夜10時までOK!!
定休日水・日曜・祝日ひまわり整骨院 はり灸院 電話番号 各種保険・交通事故・労災取扱 スマホの方はタップで電話がかけられます

お問い合わせ 詳しくはこちら